キミエホワイトプラスの副作用情報

キミエホワイトには、副作用の心配がある?徹底調査

今、しみ・そばかすに飲んで効くと人気のキミエホワイト。

 

そんなキミエホワイトは、第3類医薬品として承認され、その効果も認められた、れっきとしたお薬なんですよ。

 

キミエホワイト副作用

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら

 

キミエホワイトは医薬品といっても、薬局やドラッグストアなどで買える風邪薬や頭痛薬と同じで、処方せんがなくても購入でき、副作用のリスクの1番低いものに分類されています。

 

キミエホワイトプラス副作用

 

キミエホワイトに配合されている「L-システイン」「アスコルビン酸」「パントテン酸カルシウム」は妊娠中に服用しても心配のない成分です。

 

妊娠中は特にホルモンバランスが崩れ、そのホルモンバランスの乱れからメラノサイトが活性化してしまい、その結果、しみが増えてしまうのです。副作用も少なく、妊娠中にも服用できるって嬉しいですよね♪

 

妊娠中の服用や副作用はみなさんも気になるところですよね?そこで、症状や副作用について詳しく調べてみました。

 

副作用など、症状についての質問集

 

キミエホワイト副作用

 

二日酔いに効くって本当ですか?

 

「L-システイン」は肝臓に働きかける作用があるので、お酒を飲む前にキミエホワイトを服用すれば、効果があります。

 

できてしまったにきびにも効果はあるんですか?

 

にきびを直接治す成分は入っていません。

 

ですが、キミエホワイトを飲むことで、新陳代謝が促され、できてしまったにきびがなくなるまでの時間を早めてくれます。

 

どの成分がどの症状に効くのですか?

 

キミエホワイトプラス副作用

 

「L-システイン」

 

代謝を促進し、エネルギーの発生をサポートしてくれます。 
→全身倦怠に効果的!!

 

「パントテン酸カルシウム」

 

肌細胞の新陳代謝を正常化し、肌の回復を助けてくれます。
 →にきび・湿疹・じんましん・かぶれ・くすりまけに効果的!!

 

副作用について

 

現在、販売されている医薬品のなかで、副作用がまったくないものはありません。

 

そのなかでも比較的副作用が少ないものを第3類医薬品として位置づけしているのです。

 

 

万が一、湿疹が出たなどの異常を感じられた方はすぐに服用を中止し、医師・薬剤師などにご相談ください。

 

飲み合わせについて

 

早く実感したいからといって、1回の服用量を多くしてもいいのでしょうか?答えは「No」です。

 

キミエホワイトは、妊娠中でも服用可能な比較的副作用の少ない医薬品ですが、あくまでも「医薬品」ですので、用法・容量を正しく守って服用ください。

 

1日3回・1回1錠を食後に服用してください。

 

キミエホワイトの副作用情報まとめ

 

キミエホワイト副作用

 

副作用をふくめ、服用時の注意事項など、ご紹介してきました。

 

キミエホワイトは、飲み薬ということもあって、効果が比較的穏やか。つまり、ある一定の期間服用することによって効果が得られるということです。

 

肌サイクルは28日間ですが、年齢などを考慮した場合、42日+自身の年齢を続けることで、効果を実感していただきやすくなるのでないでしょうか。

 

キミエホワイト副作用

 

飲んで、体の中からしみ・そばかすに効くお薬、キミエホワイト。

 

初回限定価格1,900円(税込)で、試す価値あり!!仕事や子育てで忙しいかたにもピッタリですね。

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら

 

 

しみ・そばかすに飲むだけで効く!キミエホワイトの気になる効果・成分とは?

キミエホワイト効果

 

医薬品でもあるキミエホワイトは、しみ・そばかすへ効果があると認められたお薬でもあります。

 

その効果は多くの方に実感され、従来のキミエホワイトから成分も増量され、効果がさらにパワーアップしました!!それが、「キミエホワイトプラス」です。

 

 

進化したキミエホワイトの成分・効果ってきになりますよね!?ここで、その気になるキミエホワイトプラスの成分・効果をご紹介します。

 

キミエホワイトプラスはどこが進化したの?効果効能について

 

キミエホワイト効果

 

進化したキミエホワイトの成分・効果@

 

医薬品有効成分L-システインが1.5倍に増量しました!

 

L-システインとは、しみ・そばかすの原因でもある黒色メラニンの生成を抑制・排せつする効果があります。

 

キミエホワイト効果

 

安全に比較的副作用のすくない医薬品として承認基準の上限までギュッと詰め込みました♪

 

従来のものは160mgだったのが、今回のキミエホワイトプラスはなんと、240mg!!!!

 

 

その結果、しみ・そばかすの「緩和」からしみ・そばかすに「飲んで効く」医薬品へと進化しました!

 

 

また、L-システインのほかにも皮膚や粘膜を正常に保つ働きを持つ「アスコルビン酸」も配合!

 

キミエホワイトのしみ・そばかすへの効果もこれで納得できますね♪

 

進化したキミエホワイトの成分・効果A

 

キミエホワイト効果

 

タンパク質や脂質・糖質を正常に代謝し、健康な皮膚を維持するために必要な「パントテン酸カルシウム」を新成分として配合!

 

しみ・そばかすへの効果がより期待できるようになりました!

 

この「パントテン酸カルシウム」の新配合により、しみ・そばかすだけでなく、にきびや湿疹・かぶれなどの肌トラブルにも飲んで効くという効果がプラスされました。

 

 

しかも、疲れやだるさにも効くというから、驚きですよね♪

 

主婦やサラリーマンなど、全国の方に喜んでいただけるようにキミエホワイトは大きく進化したんです。

 

キミエホワイトの効果効能について

 

キミエホワイト効果

 

ここで最後に、キミエホワイトの効果・効能を整理しておきましょう。

 

◆しみ
◆そばかす
◆日焼けなどの色素沈着症

 

ここまでは通常の効果です。

 

さらに、さらに!

 

◆にきび
◆湿疹
◆じんましん
◆かぶれ
◆くすりまけ
◆全身倦怠感
◆二日酔い

 

これだけの効果があったら嬉しいですね♪

 

 

進化したキミエホワイトプラスにはまだまだ嬉しい点が!それは、飲みやすさがプラスされたということ。砂糖でコーティングする“糖衣錠形式”から、砂糖を使わないフィルムコーティングに変更しました。

 

 

そうすることで、ダイエット中の方にも嬉しい、ノンシュガーを実現することに成功したんですね。

 

またフィルムコーティングすることにより、成分がギュッと凝縮され、1日3回1回1錠、食後に服用するだけでOK!

 

キミエホワイトの効果を継続して実感していただけるように、より飲みやすくなったんです♪

 

キミエホワイトプラスの効果を税一度実感されてみては?

 

キミエホワイト効果

 

1箱には31日分きっちり93錠がはいっているので、じっくりキミエホワイトの効果を実感していただけます。

 

時間のかかるスキンケアやコスパの高い化粧品はもう一切いりません。これからは、キミエホワイトを「飲むだけ」。

 

飲むだけで、体の内側からキミエホワイトの効果を実感してみてくださいね。

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら

体の内側からしみ・そばかすに効くキミエホワイトの口コミ・評判

キミエホワイト口コミ

 

しみやそばかすだけでなく、にきび・湿疹・かぶれなどの肌トラブルにも有効、と人気急上昇中のキミエホワイト。口コミもたくさん寄せられています!

 

「本当にしみ・そばかすを体の中から効果的に消してくれるの??」

 

という方のために、実際に購入した方の口コミからその評判を徹底解析してみましょう。

 

キミエホワイトの口コミ集

 

キミエホワイト口コミ

 

<口コミ・評判:その@>

 

私はもともと、にきびやしみ・ソバカスができやすい体質でとても悩んでいました。

 

そこで、敏感肌の私でも気軽に使えるものはないかとネットで探していたところ、キミエホワイトと出会いました。

 

 

最初は私自身も本当に効くかどうか不安でしたが、キミエホワイト飲み始めて3日ぐらいから、にきびが出なくなったんです!!

 

案外甘いコーティングで飲みやすく、飲むだけなのでとっても簡単なので嬉しいですね。

 

 

キミエホワイトを飲み続けていくと、だんだん私の悩みの種だったそばかすも薄くなっているような気がします!

 

<口コミ・評判:そのA>

 

キミエホワイト購入して、はじめは正直、効果があまりありませんでした。でも「飲み続けていると利いてくるのだろう」と思い、飲み続けることにしました。

 

 

キミエホワイトを飲みはじめて3ヶ月が経ったある朝ふと鏡をのぞきこむと、顔のそばかすや大きなシミがだんだん薄くなっていることに気づいたんです!!

 

それだけじゃなく、しみ・そばかすがでていない部分も、一皮むけたように肌が白くなり、毎日鏡を見るのが楽しいです!!

 

キミエホワイト口コミ

 

<口コミ・評判:そのB>

 

年齢の割にしみやそばかすが少なかったのが自慢の私だったのですが…1年ほど前のことです。

 

気づくと、左右の目元にしみのようなものができていました。本当にショックでした…

 

最初は気になる部分をコンシーラーで隠していたのですが、このしみをどうにか消す方法がないか探していたところキミエホワイトを知り、飲みはじめました。

 

キミエホワイトを飲みはじめてからしばらくして、なんだかしみが薄くなっていることに気づいたんです!!

 

 

まだキミエホワイトを、1瓶も飲みきってはいませんが、コンシーラーを使わなくても気にならないほどしみが薄くなりましたよ♪

 

<口コミ・評判:そのC>

 

しみに効くと言われているサプリメントを他にもいろいろ試してみましたが、キミエホワイトが、1番効果があると思います。

 

飲むうちに気になっていたしみがだんだん目立たなくなってきたんです!!

 

美しい肌になるまで、もう少しキミエホワイトを飲み続けてみたいと思います!!

 

キミエホワイトの口コミまとめ

 

キミエホワイト口コミ

 

数あるキミエホワイトの口コミの中から少しだけご紹介しましたが、いかがでしたか??

 

気になる目元はもちろん、口元・首筋・手の甲など、キミエホワイトを飲むだけで肌の内側から肌トラブルを改善してくれます!

 

「飲むだけ」という手軽さも嬉しいですよね♪

 

 

今なら初回限定価格、31日分を1,900円(税抜)で購入することができます。

 

これを機に、パワーアップしたキミエホワイトをぜひお試ししてみてくださいね。

 

>>キミエホワイトプラスの公式通販はこちら

 

キミエホワイトプラスは妊娠中や授乳中でも飲めるの?副作用情報

キミエホワイトプラス妊娠中

 

どんな薬であっても、副作用が心配されますよね。特に、妊娠中、授乳中は、赤ちゃんへの影響が出るのではないかと不安になります。さて、キミエホワイトプラスの場合はどうでしょうか?

 

今回は、キミエホワイトプラスを妊娠中や授乳中でも飲んだ時の影響や副作用の心配などについてお伝えします。

 

キミエホワイトプラスは妊娠中や授乳中でも飲めるの?

 

キミエホワイトプラス妊娠中

 

キミエホワイトプラスは、心配される成分は含まれていませんので、妊娠中や授乳中でも飲むことができます。赤ちゃんへの影響とは別の副作用として、嘔吐、悪心、吐き気、湿疹、下痢などが見られる場合は、服用を中止してください。

 

また、キミエホワイトプラスは、全身倦怠(だるさ)に効果もあり、ビタミンの一種であるパントテン酸カルシウムを摂取することができます。

 

妊娠中や授乳中に、どんな薬を飲むと心配なのか?

 

キミエホワイトプラス妊娠中

 

それでは、妊娠中や授乳中に、どんな薬を飲むと心配なのか?オンライン上で見ることができる医療機関の資料を参考にしながら、お伝えしておきましょう。

 

<妊娠中>

 

多くの人が、妊娠中に薬を服用することで心配することは、胎児に影響を与えて奇形児になってしまうのではないかということです。コンビニや通販でも薬が買える時代に、赤ちゃんに異常が見つかっていたら、大きな社会問題になっていそうですよね。

 

しかし、メーカー側は慎重にならざるを得ないので、薬によっては、「妊娠中の服用は避けた方が安心」とか「出産予定日12週以内は避けてください」などの注意書きを記載しています。

 

驚くほどリスクの%が高くなることはないようですが、リスクがゼロとは言えないので、個々の薬の注意書きに従う方が良いでしょう。

 

<授乳中>

 

お母さんの体に入った薬の成分は、血液に乗って乳腺に届きます。しかし、その量はほんのわずかです。母乳が作られる際に、服用した薬の成分は、お母さんの血液よりも、かなり薄くなることが知られています。

 

ただし、処方される薬については、主治医と相談しながら決めていくことが必要です。市販の薬は説明書で判断することになりますが、ほとんど影響はないです。

 

避けるべきなのは、抗不整脈薬のアミオダロン、放射性ヨウ素のヨウ化ナトリウムとされています。あと麻薬は論外なのでしょうが、参考資料には記載されていました。

 

まとめ

 

キミエホワイトプラス妊娠中

 

以上、キミエホワイトプラスを妊娠中や授乳中でも飲んだ時の影響や副作用の心配などについてお伝えしました。キミエホワイトプラスには、赤ちゃんへの影響が心配される成分は含まれていません。妊娠中や授乳中でも飲むことできます。

 

ビタミン類などを摂取できるので、疲労回復を期待して飲むこともできますが、赤ちゃんへの影響とは別の副作用として、嘔吐、悪心、吐き気、湿疹、下痢などが見られる場合は、すぐに服用を中止した方が良いです。

 

しみ、そばかすに飲んで効くキミエホワイトプラスの詳細は、公式通販サイトでご確認ください。

 

>>キミエホワイトプラスの公式通販はこちら

ハイドロキノンには、白斑のリスクがあるの?

キミエホワイトプラス妊娠中

 

効果が高いとされる成分には、そのリスクとして副作用が心配されますよね。

 

2001年の4月より化粧品も規制緩和されて、使用できる成分が増えたので、その分注意が必要のようです。美白成分で注目されているハイドロキノンも、その一つと言えるでしょう。

 

今回は、美白成分で注目されているハイドロキノンとハイドロキノンのリスクとされている白班についてお伝えします。

 

白班について

 

キミエホワイトプラスハイドロキノン

 

一般的に、白斑は皮膚の色が部分的に白くなってしまう病気のことです。肌の色素細胞であるメラノサイトの減少あるいは消失によって生じるとされています。

 

かつて、化粧品を使って白斑になったと騒ぎになった時は、ロドデノールという成分が疑われました。しかし、ロドデノールは、厚生労働省にも承認されていた成分であり、ロドデノールと白斑の因果関係も明確にはなっていないようです。また、その商品は、メーカーが自主回収しましたよね。

 

あの一件が影響しているのかどうかはわかりませんが、美白成分のリスクに敏感になる人が増えたようです。それで、ハイドロキノンもどうなんだろうと不安になるようですね。

 

規制緩和について

 

2001年4月1日からは、薬事法化粧品基準で禁止・制限がある成分を除いて、各企業が安全性を確認した上で自由に配合できるようになっています。ただし、全成分表示することが義務付けられているとのことです。

 

配合できる成分が増えたものの、規制緩和されたのが2001年となると、歴史が浅いとも言えますよね。

 

ハイドロキノンの濃度について

 

キミエホワイトプラスハイドロキノン

 

ハイドロキノンの濃度について、2%以下に規制されているという記事も見かけますが、実際には、4%配合、5%配合、10%配合のものが通販でも購入できます。ただ、濃度が高いものには、「薬剤師が開発」「ドクターズコスメ」「医師監修した〜」などの文言が入っている傾向があります。

 

ハイドロキノンの副作用の現状

 

ハイドロキノンの副作用の一つは、炎症や赤みなど、肌に合わないゆえの肌荒れです。濃度が高いと、肌にピリピリとした刺激を感じる場合があるので、パッチテストをした方が良いでしょう。

 

もう一つ、心配されている副作用が白斑です。「長期的な使用」や「高濃度ハイドロキノンの使用」によって、白斑になると不安視されているのです。今のところ、白斑になったという症例は確認されていませんが、充分な注意が必要ですね。医師に相談できた上で使う方が良いでしょう。

 

まとめ

 

キミエホワイトプラスハイドロキノン

 

以上、ハイドロキノンと白班についてお伝えしました。ハイドロキノンは、白斑のリスクが懸念されいるようです。やはり、肌に塗る化粧品は慎重にならざるをえません。医師に相談できるとか、薬剤師に相談できるとか、詳しい人が待機している環境で購入した方が安全ですね。

 

ハイドロキノン配合の化粧品による白斑のリスクが心配な方は、キミエホワイトプラスをお試しください。しみ、そばかすの解消なら、飲み薬のキミエホワイトプラスがおすすめです。成分や効果などの詳細は、キミエホワイトプラスの公式通販サイトでご確認ください。

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら